Home メールソフト設定
メールソフト設定
マニュアルダウンロードメールソフトの基本設定SERVER:CANのメールサーバーについて
SMTP認証の設定POP Before SMTPの設定手動で「POP Before SMTP」を実現する

マニュアルダウンロード


メールソフト設定マニュアル(PDF:2,006k)


メールソフトの基本設定


まずメールソフトの基本設定を行います。設定はメールソフトで通常設定する方法と若干異なりますのでご注意願います

Windows メール

Windows Vista編

OutlookExpress6

Windows編
・MacOSX編

Netscape7.1編

Windows編
・MacOSX編

Androidメール編

上記以外のメールソフト及びバージョンの設定方法に関しては、各メールソフトのマニュアルをご参照頂くか、そのメールソフトのメーカー様までお問い合わせ願います。メールアカウント設定に必要な情報は以下の通りです。

受信メールサーバー 「SERVER:CAN登録完了のお知らせ」をご参照願います。
送信メールサーバー 「SERVER:CAN登録完了のお知らせ」をご参照願います。
ユーザー名 POPアカウント名%ドメイン名
(例)"mydomain.com"ドメインの"postmaster"というアカウントの場合は「postmaster%mydomain.com」となります。
POPアカウント名とドメイン名の区切りは"%"です。("@"ではありません)
パスワード POPアカウントのパスワード
ポート番号 587


Server-Canのメールサーバーについて


SERVER:CANの送信メールサーバーは「SMTP認証」及び「POP Before SMTP」に対応しています。

送信メールサーバーに「SMTP認証」及び「POP Before SMTP」を採用することにより、お客様がどのプロバイダにインターネット接続していてもSERVER:CANの送信メールサーバーを利用することができます。(接続するプロバイダにより送信メールサーバーを切り替える必要がなくなります)

SMTP認証とは?

通常送信メールサーバーではID・パスワードによる認証を行いません。SMTP認証付き送信メールサーバーはID・パスワードによる認証を行い、認証が成功すればメール送信サーバーとして利用することを許可します。

POP Before SMTPとは?

メール送信する前にメール受信サーバーで認証を行い(つまりメール受信処理を行う)、その認証成功から一定時間の間であればメール送信サーバーとして利用することを許可します。

ご注意
SERVER:CANのメールサーバーでは通常のメールソフト設定(「SMTP認証」でもなく「POP Before SMTP」でもない設定)ではメール送信を行うことができません。必ず、「SMTP認証」もしくは「POP Before SMTP」でメールの送信を行う必要がございます。
もし、ご利用のメールソフトが「SMTP認証」及び「POP Before SMTP」のいずれの設定も行うことができない場合は、「手動で「POP Before SMTP」を実現する」を行えばメールの送信を行うことができます。


SMTP認証の設定


1. SMTP認証の対応状況

各メールソフトのSMTP認証の対応状況は以下の通りです。

メールソフト SMTP認証の対応状況
Microsoft Windows Mail
Microsoft Outlook Express 6
Netscape 7.1
Opera 7.2
Becky! InternetMail 2.07.02
Datura 1.51.09
鶴亀メール 3.06
Winbiff 2.34
ShurikenPro3
AL-Mail32 1.13

SERVER:CANメールサーバーでのSMTP認証方式は「LOGIN方式」、「PLAIN-TEXT方式」及び「CRAM-MD5方式」に対応しています。

上記メールソフト及びバージョン以外のSMTP認証対応状況に関しては、各メールソフトのマニュアルをご参照頂くか、そのメールソフトのメーカー様までお問い合わせ願います。

2. SMTP認証の設定

Windows メール

Windows Vista編

OutlookExpress6

Windows編
・MacOSX編

Netscape7.1編

Windows編
・MacOSX編

上記メールソフト及びバージョン以外でのSMTP認証の設定方法に関しては、各メールソフトのマニュアルをご参照頂くか、そのメールソフトのメーカー様までお問い合わせ願います。SMTP認証設定に必要な情報は以下の通りです。

認証方式 「LOGIN方式」、「PLAIN-TEXT方式」及び「CRAM-MD5方式」に対応
送信メールサーバー 「SERVER:CAN登録完了のお知らせ」をご参照願います
ユーザー名 POPアカウント名%ドメイン名
(例)"mydomain.com"ドメインの"postmaster"というアカウントの場合は「postmaster%mydomain.com」となります。
POPアカウント名とドメイン名の区切りは"%"です。("@"ではありません)
パスワード POPアカウントのパスワード
ポート番号 587


POP Before SMTPの設定


1. POP Before SMTPの対応状況

各メールソフトのSMTP認証の対応状況は以下の通りです。

メールソフト POP Before SMTPの対応状況
Microsoft Windows Mail ×
Microsoft Outlook Express 6 ×
Netscape 7.1 ×
Opera 7.2 ×
Becky! InternetMail 2.07.02
Datura 1.51.09 ×
鶴亀メール 3.06
Winbiff 2.34 ×

上記メールソフト及びバージョン以外のPOP Before SMTP対応状況に関しては、各メールソフトのマニュアルをご参照頂くか、そのメールソフトのメーカー様までお問い合わせ願います。

2. POP Before SMTPの設定

通常メールソフトでPOP Before SMTP設定を行う場合は、メールアカウントを作成し「送信の前に受信する」(メールソフトによって呼び名は様々ですが「POP Before SMTPを有効にする」や「一度受信してから送信する」などの場合もございます)と設定します。


手動で「POP Before SMTP」を実現する


手動で「POP Before SMTP」を行う場合には「一度メール受信処理を行ってから10分以内にメール送信処理を行う」とすればメール送信処理を行うことができます。

1. メールを受信処理を行います

Outlook Express 6の場合
Netscape 7.1の場合

2. メール送信を行います

メール受信処理完了後10分以内にメール送信を行って下さい。
10分以上たってしまった場合は再度メール受信処理を行った後にメール送信を行って下さい。
 

2010 Business Service Co.,Ltd All Rights Reserved/TM